サバイバルゲーム用品

作者がミリタリー界隈に対する布教活動の一環として始めたサバイバルゲームの装備から、パラコードを使って改造したり作ったものを紹介します。
f:id:fabricationZ:20171008105041j:image

まずはゲームに欠かせないマスク一体型のゴーグルです!頬の部分をデコレーションしただけのように見えますが……
f:id:fabricationZ:20171008105750j:image

この改造の真価は内側のクッション材としての役割です。通常この手のマスクにはスポンジのクッションが付属していて付け心地も充分良好ですが、劣化しやすく汗や臭いが染み込むというデメリットがあります。


f:id:fabricationZ:20171008110641j:image

このクッションをパラコードにすることで交換や洗濯、そして好きな色や編み方(穴の開け方に依存)を選べる自分だけのオリジナルが簡単に作れます


f:id:fabricationZ:20171008155814j:image

さらにマスクを顔に固定するための安っぽいゴムバンドもパラコードとコードストッパーを使った4点留めに替えました!
f:id:fabricationZ:20171008155820j:image

耳の上下を通って後頭部で留めます。保持力が段違いです

 

エアガンで撃たれると当然痛いですが、中でも指への被弾は場合によっては一週間以上痛みが残るので厄介です。
f:id:fabricationZ:20171011064212j:image

何故か小指の被弾率が高い作者が指へのダメージを軽減するべく作ったのがこのアーマーです。


f:id:fabricationZ:20171011064811j:image

指の太さ・長さに合わせて平編みで覆い、小指だけはナットで補強してあります。


f:id:fabricationZ:20171011065011j:image
f:id:fabricationZ:20171011065019j:image
固定は指と掌~手首で別になっていて、手首の方は手榴弾型のストッパーで絞れるようになっています


f:id:fabricationZ:20171011065227j:image

素手に直接付けることもできますが、手袋との併用を前提に作ったものの場合は少々ぶかぶかになってしまうのでサイズ調整が必要になります